自分はパソコンを使用するとき、よくインターネットを主に利用します。最近は、もっぱらGoogle chromeを活用しています。
情報量も多く、速度も速いことでブラウザとしては非常に優れているので、重宝しています。しかし、利用するには接続環境が整備されていなければなりません。もちろん、自宅は接続環境は整っているのでその点では問題ありませんが、無線Wi-fi(一部有線ケーブルで接続されているものもありますが)でインターネットをつなげているので、突然つながらなくなったり、あるいは電波が弱くなったりする現象もたびたび起きます。そうなった際に、原因を調べて解決しようと試みますが、肝心の直す方法がわからないので、適当にルーターに接続されているLANケーブルを一度抜いて1分間待機してから再び差し込むというやり方も試していました。しかし、それでも改善しない場合があったので、原因をよく調べてみたらルーターのアダプターが正常に機能していないというものでした。それをどこで知ったのかというと、電波マークの内部にある「問題のトラブルシューティング」という自動的に原因を探知できる機能のメッセージで知りました。その機能に任せて接続状態を回復させることに成功し、疑問に思ったことを解消することができました。今度から、接続状況が芳しくないときになったら、「問題のトラブルシューティング」を使用していきたいと思っています。